キャッシングの保証人になってと友達に頼まれたら

もし、友達に「キャッシングの契約をしたいので保証人になってほしい」といわれたらどうすればいいのでしょうか。
保証人になるということは、もし自分が保証した人が返済できなくなった場合、代わりに自分が返済を行うということになります。なので、そうなっても大丈夫なのかという部分が重要です。自分が返済する立場になったとき、とても返せそうにないという場合は断りましょう。
また、大抵の場合、借金の保証人は家族に頼むものなので、友人関係の間柄で保証人を頼まれた場合、相手は親類からの信用がない状態と考えるべきです。
では反対に、貸金業者にキャッシングの申し込みをしたとき、「保証人をつけてくれたら貸してもいい」といわれた場合、どうすればいいのでしょうか。
原則として保証人不要という貸金業者であっても、保証人を要求する可能性はゼロではありません。保証人を要求するのは、契約希望者が既に多重債務者で貸すのにはリスクがあると考えている場合がほとんどです。
なので、自分がそういう立場にあるということを自覚した方がいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *